事務所所在地
〒031-0842 八戸市岬台一丁目11-11

最高資格【損害保険トータルプランナー】が3名いるプロ代理店

2016.10.07空走距離とは

車は急に止まれない、勢いがある以上、
すぐに止まれないのは当たり前です。

でもそれだけではありません。
ブレーキを踏み込むまで、少し時間がかかる事も一因です。

危険を感じる。アクセルから足を離す。ブレーキペダルへ足を移す。
ブレーキが効き始めるまで、ブレーキペダルを踏み込む。
この4つに要する時間は、合計で0.75秒かかると言われています。

この0.75秒を空走時間といいます。
では0.75秒間にどのくらい走るかといいますと、
時速40Kmの場合では、8.33mも走るのです。
  40÷3.6×0.75=8.33
この8.33mを空走距離といいます。
読んで字のごとく、から走りです。

さらにブレーキが かかってから停まるまで、時速40Kmなら8.99mかかります。
      (40÷3.6)2÷(2×ag)=8.99 aは道路とタイヤの摩擦係数0.7 gは重力加速度9.8

この8.99mの事を制動距離といいます。
車が止まるまでは空走距離+制動距離、8.33+8.99=17.32m

時速40キロでも、車が止まるまでは17mもかかるのです。

そして停まるまでの約半分の距離は、この空走距離なのです。




 

事故対応事例

最近の記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

取扱い保険会社