事務所所在地
〒031-0842 八戸市岬台一丁目11-11

最高資格【損害保険トータルプランナー】が3名いるプロ代理店

2016.09.30時価額と車両保険金額

仲良くガードレールにぶつかり停まったこの事故は
エアーバックが開いた事に助けられ、
双方とも軽症で済んだ事が、不幸中の幸いであった。

だが車はどちらも修理不能となり、相手保険会社からは、
こちらの車の価値は65万円しかない(時価額といいます)と判定された。
5年たった車だから、その判定もあながち低いとはいえない。

でも幸運な事に、車両保険は110万円 (車両保険金額)でかけていた。
結果、契約者には車両保険から、110万円+11万円(全損費用)、
計121万円が支払われることになった。

121万円支払った自分の保険会社は、相手保険会社に対して請求できるのは、
65万円×0.8(1-過失2割)=52万円だけです。
121万円ー52万円=69万円は、車両保険からの上乗せという事です。

このように車両保険は、一定の幅を持たせ実際の価値より多く掛けられます。

ちなみに65万円と110万円の保険料の差は、月200円くらいです。

   山手保険では車両保険を掛ける時は、
   最大の金額で掛ける事をおすすめしています。
  






 

事故対応事例

最近の記事

カテゴリ一覧

月別アーカイブ

取扱い保険会社